会社情報

□会社概要

□沿 革

1942(昭和17)年 備北精粉化学工業所創業。

            新見工場(第1)建設。要害鉱山開発。

1947(昭和22)年 法人組織とし現社名に改称。資本金200万円。

1949(昭和24)年 資本金300万円に増資。大阪営業所開設。

1957(昭和32)年 超微粒子「ソフトン」量産に成功。

1962(昭和37)年 資本金900万円に増資。

1963(昭和38)年 資本金1,500万円に増資。

1964(昭和39)年 岡山県中小企業研究指導工場に認定される。

1965(昭和40)年 新見工場(第2)建設。

1966(昭和41)年 表面処理炭酸カルシウム「ライトン」を開発。

1967(昭和42)年 資本金1,950万円に増資。

1968(昭和43)年 岡山県中小企業庁中小企業合理化モデル工場に指定される。

            中小企業庁長官賞を受ける。

1971(昭和46)年 日本薬局方沈降炭酸カルシウム医薬品製造業許可取得。

            中小企業庁中小企業合理化モデル工場に指定される。(以降計6回)

1972(昭和47)年 資本金3,000万円に増資。福島工場開設。

1984(昭和59)年 新見工場湿式粉砕設備完成。

            湿式炭酸カルシウム「HYDROCARB」発売。

            新見工場(第1)の乾式分級設備を大幅に改善整備。

1986(昭和61)年 電気保安功労により、広島通産局長表彰を受ける。

1989(平成 1)年 福島工場湿式粉砕設備完成。

1990(平成 2)年 医薬品・食品添加物製造工場哲多町へ移転。
            医薬品製造業許可更新。

1995(平成 7)年 唐櫃鉱山開発および同鉱山原料プラント完成。

            本社および福島工場社屋新築。

1998(平成10)年 機能性炭酸カルシウム「μ-POWDER」を発売。

1999(平成11)年 超微粒子湿式炭酸カルシウム「SETACARB HG」を発売。

2002(平成14)年 本社、新見工場、唐櫃鉱山、大阪営業所 ISO9001:2000認定。

2003(平成15)年 福島工場、大滝根鉱山 ISO9001:2000認定。

            哲多工場 食添 GMP 認定、登録。

            精密分級超微粒子炭酸カルシウム「ライトンTC-5」発売。

2004(平成16)年 本社、新見工場、哲多工場、大阪営業所、唐櫃鉱山 ISO14001:2004認定、登録。

2005(平成17)年 哲多工場 ISO9001:2000認定、登録。

            福島工場、大滝根鉱山 ISO14001:2004認定、登録。

2007(平成19)年 福島工場表面処理炭酸カルシウム“ライトン”設備増設。

2009(平成21)年 福島工場湿式設備増設。

2010(平成22)年 新見工場湿式設備増設完了。
2016(平成28)年 哲多工場 ハラール認証取得 (NPO法人 日本ハラール協会)

  Copyright © 2015 BIHOKU FUNKA KOGYO CO.,LTD. All rights reserved.